liveも進行形になる<英文法編>進行形

進行形

He is running in the park for 10 minutes.
「彼は、10分間その公園で走っています。」

進行形の例文です。
進行形の中核的意味は、「一定期間、動作が継続・持続していること」にあります。
動作が続いている、ということです。

どういう場合に進行形を使う?

進行形の中核的意味は、動作が続いていること、ですから進行形は、動作が続いている場合に使用されます。
上の例文は、「走る」という動作が10分間続いている場合を表す表現です。
10分の間、走るという動作を続けている、ということを伝えているのです。

進行形にならない動詞

動詞には、一定期間のある状態(様子)を表す「状態動詞」というものがあります。
「状態動詞」は進行形になりません(進行形になる動詞は「動作動詞」と言います)。
例えば、

I live in Okinawa for 10 years.
「私は、沖縄に10年間住んでいます。」

の[ live ]は状態動詞としての「 live ]ですから進行形にはなりません。
では、次の文はどうでしょうか?

I am living in Okinawa now.
「私は、現在沖縄に住んでいます。」

同じ[ live ]という動詞ですが、進行形にする場合もあります。
[ live ]を状態動詞と決めつけて進行形にはならない、と覚えることは危険です。

状態動詞と動作動詞の違い

この二つの違いは、一言で言えば、

人の意志を含む(動作動詞)のか
含まない(状態動詞)のか

にあります。
状態動詞にいう「状態」とは、様子やありさまのことで、様子もありさまも“外からの視点”で判断されます。
動作動詞にいう「動作」とは、「事を行おうとして身体を動かすこと」(広辞苑・第七版)です。事を行おうという“意志”を必要とする言葉です。
動作を行おうとする者(動作主体)の意志を強調する動詞は、動作動詞であり、外からの視点で見たありさまを強調する動詞が状態動詞となります。
「ジーニアス英和大辞典」によれば、状態動詞とは、「人が自分の意志でコントロールできない状態・出来事を表す」とあり、動作動詞とは、「人が自分の意志でコントロールできる行為・状態を表す」と説明されています。

[ live ]での使い分けのニュアンス

1 I live in Okinawa for 10 years.
  「私は、沖縄に10年間住んでいます。」
2 I am living in Okinawa now.
  「私は、現在沖縄に住んでいます。」

は、

1が、沖縄に10年間住んでいるという今の自分がコントロールすることができない事実(10年間沖縄に住んできたという事実を変えることはできません)を表現しており、
2は、私の意志で沖縄に住んでいますという意味で、自分の意志で望んで沖縄に住むことを選んだ

という違いになります。

1の表現では、好きで沖縄に来たのかまでは不明ですが、
2の表現であれば、好きで沖縄に来たというニュアンスが感じられます。

使い分け

同じ動詞であっても、状態動詞として使用することもあれば、動作動詞として使用する場合もあります。
その使い分けは、主語の意志を強調したいのかどうかで決することになります。

学習上の注意事項

主語の意志を表現したいのであれば動作動詞として進行形にし、そうでなければ状態動詞として進行形にしないで用います。
状態動詞を進行形にすることはできませんが、同じ動詞が状態動詞の場合もあれば動作動詞の場合もあるので、一つの動詞を状態動詞だと決めつけることは正しい学習方法ではありません。お気をつけください。

---続---


ご質問等がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。
個別指導英語塾も主催しております。





ご質問等がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記のブログに参加しております。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です