神戸市外国語大学に教子が無事に合格!

合格!

 教子が神戸市外国語大学に無事に合格したとの知らせが入りました。
 おめでとうございます!

長い道のりでした

 思い起こせば、中一の12月から私が担当しました。
 たしか、中一の時点で英検の準二級か二級を持っていましたが、準一級になかなか合格できないということで私が教えることになりました。
 準一からは、単語も難しくなりますが、それにも増して、一文が長くなり、単語だけでは文意を捉えることが難しくなってきます。文の構造の理解が必須で、そのためには文法知識とその知識を実際の英文に当てはめることができるかがポイントなります。
 上手く訳をしているようでも単語の意味から日本語を推測して訳をすることが受験生にはありがちなので、必ず、なぜそう訳をしたのかを確認していました。その確認を繰り返すことで自分で英文を読む際も文法を意識して読解することができるようになったと思います。

必須の文法

 単語の必要性は多くの受験生が理解していると思います。
 ですが、文法の必要性・重要性はなかなか理解されていないように思います。文法アレルギーの受験生が多いのではないでしょうか?
 とはいえ、外国語大学を含む難関大学の受験を突破するためには英文法は必須です。
 会話には英文法は要らない、だから英語の勉強に文法は不要だ、という暴論も時折耳にしますが、それは間違いです。
 日本語を流暢に話せて聴けても、日本語での文章の読解となると話は別なはずです。英語についても当然これと同じです。受験で英文読解が出題される以上、英文法の知識がなければ正確な読解は不可能です。

当塾では

 ECS個別指導英語塾では、難関大学の英語を突破したい受験生を対象として長文読解に不可欠な英文法の知識を身につけ、実際にその英文法を使って英文を読みこなせる勉強法をお伝えしております。英文法の知識があってもその知識を使って英文を読めなければ英文法を学んだ意味がありません。

 初見でも読みこなせるように、知識としての英文法を使える英文法にすること

 これがECS個別指導英語塾の基本方針です。
 知識としての英文法を使える英文法にすることは初めはキツイと思います。そういう勉強をしてきていないと思いますから。ですが、短期間ですぐにわかるようになるという秘訣はどこにもありません。一つ一つの積み重ねでしか獲得できません。
 ECS個別指導英語塾にて、正しい方法で使える英文法を身につけていってもらいたいと思います。

---終---



ご質問等がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記のブログに参加しております。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です